2008年03月30日

【カメラ】EOS40Dを買ってみた

キャッシュバックされるとか、前からちょっと欲しかったとか、KISSX2が出ることになって値段が下がってたとか、いろいろと条件が整ったので買ってみた。

というわけで、5Dと40Dで同じ被写体を撮り比べ。
まあ、微妙に明るさが違うけど

レンズ:EF24-105mm F4L IS USM
ISO800、F8、1/50、AWB、ピクチャスタイル:風景
スポット測光

という条件で。

test40D.jpg

5Dの方は、同じ大きさになるようにトリミングしてます。

画像の一部を2倍に拡大してみたやつ。

test40D_2.jpg

40Dの設定で、高感度ノイズ低減ON状態。

とりあえず、まだまだ5Dいけるなw

X2のノイズの方が少ないという話も聞くけど、40Dでも十分な気がする。

あとは、40Dは、ピントはずすことがたまにあるなあ。この辺は値段相応か。
5Dの連射に慣れてると、40Dの連射は楽しいw。倍以上速いしねえ。
まあ、まだ撮影枚数200枚くらいなので、全然使ってないに等しいですが。

個人的には、20万円クラスのAPS−Cサイズのカメラを出して欲しいところだなあ。
1D系は、ちと高すぎるというか、手に負えそうもないしw
posted by KOU at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ・カメラ

2007年02月13日

【カメラ】再びライティング試行錯誤



とりあえず、イベント会場ではフラッシュに頼らざるを得ないので、フラッシュのみの撮影方法について考察してたわけですが。
実際、家で撮影する場合は、それなりにライティングとかすればもう少し違った感じがでるはず。

そんなわけで、再び素人のライティング試行錯誤の開始。

c_flash_01.jpg
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル露出(F8,1/60)/ISO 400/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

フラッシュオンリー。
かげとり使用。
調光補正+1 1/3

正面からの光なので、顔とか完全に影がない状態になります。
なのでのっぺりした感じになります。

そんなわけで、光源として、スタンドを2個使って、左右それぞれ斜め上方から光を当ててみると・・・。

c_noflash_02.jpg
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/絞り優先AE(F8,1/30)/ISO 400/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

フラッシュなし。
全体的に暗いのはとりあえず置いといて、斜め上方からライティングされてるので、顔とかその他、影が結構落ちます。

ここでもう1個スタンドがあれば、正面から軽く当ててやることで、影を軽減できるのでしょうが、今のところ2個しかない。

そこで、軽くフラッシュを当ててやることに・・・。

c_flash_02.jpgc_flash_03.jpg
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/絞り優先AE(F8,1/20)/ISO 400/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

かげとり使用。
調光補正-2/3

全体的に立体感は出てきました。
が、影がきつく残る感じが気になるところ。
もうすこし柔らかい感じにしたいなあ。

そんなわけで、今ある機材というか環境ではここまで。
現状、オープンスペースで、ライティングしてるだけなので、周りに白い板でも置いてやれば多少光が回り込んでくれるんじゃないかなと期待。
その辺は次回にちゃれんじということで。

おまけ。

前に作った100均撮影スペースでも2灯環境でテスト撮影。

c_ino_01.jpg
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル露出(F8,1/60)/ISO 200/調光補正+1/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

c_ino_02.jpg
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル露出(F8,1/60)/ISO 200/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

c_ino_03.jpg
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/絞り優先AE(F8,1/30)/ISO 400/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

c_ino_04.jpg
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル露出(F8,1/60)/ISO 400/調光補正-1/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

いろいろ試行錯誤してるので、設定がばらばらですが。
こっちの撮影ブースは、左右の壁にレフ板代わりのアルミ箔を貼ってあるので、多少影の出方が軽減されてる気がします。

しかし、こう、小さいターゲットにピントがあいにくいなあ。
ばしっと決まらない。

ちなみに、三脚使うの面倒だったので、全部手持ちですw

posted by KOU at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ・カメラ

2006年12月30日

【カメラ】新宿Southern Lights

IMG_1234_s.jpg
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル(1/40、F8.0)/ISO 800/WB:白色蛍光灯/ピクチャースタイル:風景

昨日は、会社のプロジェクトの忘年会でした。忘年会撮影のためにカメラを持ち込んでいたので、そのままの流れで新宿南口でやってるイベント(?)みたいなのをみてきました。

南口側にある広場全体をイルミネーションで飾ってる感じ。

IMG_1233_s.jpg
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル(1/40、F8.0)/ISO 800/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

IMG_1236_s.jpg
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル(1/40、F8.0)/ISO 800/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

IMG_1238_s.jpgIMG_1257_s.jpg
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル(1/40、F8.0)/ISO 800/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

IMG_1243_s.jpg
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル(1/40、F8.0)/ISO 800/WB:白色蛍光灯/ピクチャースタイル:風景

噂のドーナツ屋さんも相変わらずの盛況ぶり。
さて、そのまま高島屋の方へいくと、こちらもいろいろと飾り付けられてます。

IMG_1255_s.jpg
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル(1/40、F8.0)/ISO 800/WB:白色蛍光灯/ピクチャースタイル:風景

IMG_1244_s.jpg
IMG_1245_s.jpgIMG_1246_s.jpgIMG_1250_s.jpgIMG_1253_s.jpg
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル(1/40、F8.0)/ISO 800/WB:白色蛍光灯/ピクチャースタイル:風景

いつまでやってるかわからないのですが、ドーナツ買いに行くついでに見に行くのもいいかなと。

ちなみに、そこのドーナツは、会社でまとめて購入する話になったときに一度食べました。結構おいしいよ。
ドーナツはドーナツだけどw
posted by KOU at 16:55| Comment(0) | TrackBack(1) | ・カメラ

2006年08月30日

【カメラ】ディフューザーいろいろ(その2)

ど素人の四苦八苦カメラ使いこなせればいいなコーナー再び。

どちらかというか、ディフューザーの話じゃないかもしれないw

dia20060830_1.JPG

オムニバウンス+カゲトリの組み合わせ写真。

この写真、たしかに影はかなり良い感じですが…
なんか、暗い。
というか彩度が低い感じがしませんか?

まあ、当たり前といえば当たり前なんですが、ディフューザーをかざすということは、影を作るようなものなんですよね。つまり、暗くなって当たり前。

調光システムが賢ければ賢いほど、確実に暗くなりますね。
さて、それじゃどうすれば明るくなるんじゃ?…と。

そんなとき便利な機能が、430EXには付いてまして、ストロボ側で調光補正をかけることが出来ると、マニュアルに書いてありますw
これをかけると、ストロボの発光量を増やしたり減らしたり出来るわけで。

そんなわけで、ストロボ側で調光補正を試してみることに。
今回は明るくしたいわけなので、+方向に。

dia20060830_2.JPG
調光補正+2/3

さっきよりはマシになりましたが、まだ、ちょっと暗い感じかな。

dia20060830_3.JPG
調光補正+1

結構良い感じに近づいてきたかも。

dia20060830_4.JPG
調光補正+1 1/3

個人的には、これくらいが良い感じかも。

dia20060830_5.JPG
調光補正+2

ふっとびましたO(≧▽≦)O

まあ、こんな感じで、調光補正を使ってやれば、影も良い感じで鮮やかな写真が撮れる感じですかね。
もっと良い方法がありそうな気もしますがw

さて、実はこれ、縦位置写真です。

昨日紹介したエツミのストロボアジャスターを買ってみました。
キャノンから純正のもでているんですが、微妙に使いにくいという噂と、明らかに高価なのでw
エツミのストロボアジャスターとキャノンのオフカメラシューコード2の合わせた値段は9000円くらいで、キャノンの純正品は、コード付きとはいえ、実売19000円近いので。

これで縦位置の影も問題なしだ!
…横位置が問題ですけどね'`,、('∀`) '`,、

まあ、基本縦位置でいいかなとか。
posted by KOU at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ・カメラ

【カメラ】ディフューザーいろいろ

いろいろ遊んでいるうちに、ディフューザーの種類が増えてきたので、どの程度効果があるのかを比べてみたり。

ただし、これは、小物撮影の時の話なので、一般的に当てはまるかというとそういわけではないと思う。かなり被写体までの距離も近いし。

条件は、共通で、EOS5D、EF24-105mm f/4L IS USM、SPEEDLITE430EX。
影がわかりやすいように、縦位置での撮影。
被写体までの距離は、70cmくらい。

dia20060829_1.JPG

まずは、ストロボのみ。
まあ、これはねw

dia20060829_2.JPG

オムニバウンスを付けた奴。
オムニバウンスとは、プラスチックみたいなものをかぽっとストロボにかぶせる感じのもの。あまり効果は感じられないですね。
ただ、このオムニバウンス、単体だとアレですが、かぽっとかぶせた時にそれほど大きさが変わらないので、他の物と組み合わせて使うには便利です。

dia20060829_3.JPG

ケンコーストロボディフューザージャンボをストロボにかぶせたもの。
これは、袋型のディフューザーで、ストロボにすぽっとかぶせられます。
オムニバウンスよりは、効果が見られますが、それでも結構影が目立ちます。

dia20060829_4.JPG

オムニバウンス+ストロボディフューザージャンボの組み合わせ。
単体より、効果は上がります。

dia20060829_5.JPG

ケンコーのカゲトリジャンボ使用。
ディフューザーまでの距離が、出力に対してそれほど取れないので、効果もそれほど高くはない感じ。長いレンズ使ってれば、かなり効果は出ると思いますが、EF24-105mmではそれほど距離取れませんからねぇ。

dia20060829_6.JPG

オムニバウンス+カゲトリの組み合わせ。
この辺がオムニバウンスの強みかなぁ。組み合わせても邪魔にならないあたり。

dia20060829_7.JPG

ケンコーマイクロアポロ ソフトボックスLを使用。
これは、こんなやつです。
効果自体はかなり高めです。単体使用では一番効果高いですね。
が、かなり邪魔でもありますw
マジックテープで固定というのもちょっとマイナスかも。

さてと、こんな感じですが、オムニバウンス+カゲトリで工夫すると、縦位置でもかなり横に出る影を防げます。

dia20060829_8.JPG

まあ、縦位置にこだわるなら、この辺使えという話もありますがO(≧▽≦)O
posted by KOU at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ・カメラ

2006年08月28日

【カメラ】Kenkoのカゲトリ

以前買ってあったKenkoのカゲトリ。
友人が買ったということなので、久々に取り出して使ってみた。

これ、効果はすごい。
でも、見た目がO(≧▽≦)O

dia20060827_1.JPG
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル露出(F11,1/30)/ISO 200/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

dia20060827_2.JPG
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル露出(F11,1/30)/ISO 200/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

被写体が珊瑚ばっかだというつっこみがあったので、たまには毛色の違う物をw

この2枚何が違うかというと、まあ、影の出方で分かると思いますが、上が横位置で、下が縦位置。
クリップオンタイプだと、やっぱ光源位置が高くなるので、カゲトリ君の効果も微妙になったりするわけですが。

ちなみにどのくらい違うのかと言うと…
dia20060827_3.JPGdiary060730_3_1.JPG

これくらい違います。
左がカゲトリ君で、右がストロボにディフューザーかぶせた奴。
柵の影の出方でかなりの差があるのが分かるかと。

見た目さえ気にしなければかなり効果は高いんですけどね。
posted by KOU at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ・カメラ

2006年08月26日

【カメラ】EF24mm-105mm f/4L IS USMにマクロライトはつくのか?

前から、マクロライトに興味があったわけですが、マクロレンズ持ってないので、試そうとすると、当然レンズもセットで買わないとだめなんだろうなぁと思ってました。

ところが、いろいろと調べてみると、別にマクロレンズじゃなくてもつくようなニュアンスの掲示板への書き込みがあったりして、なんとかすれば付くんじゃなかろうかと考えはじめたわけです。
そんなときに、まあ、某パチンコ大会のおかげでアブク銭が。もう、これは試してみるしか。駄目なら、今度お金貯めてマクロレンズ買えばいいやくらいな勢いでO(≧▽≦)O

さて、キャノンの純正のマクロライトは、Φ58mmです。
うちにあるレンズは、Φ77mm。
まあ、2cmの差があるので、普通には付きません。
そこで、カタログを調べ見ると、
※EF180mm F3.5LマクロUSMには、マクロライトアダプター72Cを取り付けて使用してください。
という注釈があります。
このEF180mmマクロレンズは、Φ72mm。
つまり、うちのレンズのΦを72mmに出来れば、マクロライトアダプター72Cを取り付けることが出来て、さらにマクロライトがつけられるのでは・・・という予想をw

というわけで、77mmを72mmに変える方法はあるのか………。
ありました。
カメラにゃ、ステップアップリングとか、ステップダウンリングとかいう便利なものが売られてました。これ、どういうものかというと、ステップアップリングは、レンズのΦを大きく、ステップダウンリングは小さくしてくれるもの。
ステップダウンリング77mm-72mmという、まさにピンポイントな商品を見つけてさっそく購入。

そんなわけで…
dia20060826_2.JPG
ステップダウンリングと、マクロライトアダプター。
ステップダウンリングを取り付けると…
dia20060826_3.JPG
何が変わったのか写真ではよくわかりませんが、これでΦが72mmになってます。
これにさらに、マクロライトアダプターを装着。
dia20060826_4.JPG
なんかうまくいきそうだ。
てなわけで…
dia20060826_5.JPG
完成!

さっそく試し撮り。
dia20060826_6.JPG
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル露出(F11,1/30)/ISO 200/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

左右の光量を1:1。これで縦位置撮影って感じ。まあ、縦だろうが横だろうが光源位置は一緒なのでアレですがw

dia20060826_7.JPG
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル露出(F11,1/30)/ISO 200/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

左右のライトの光量を1:8にしたもの。
元々接写用のライトなので、ちと使い方が難しい感じだなぁ。
まあ、それでも、縦位置でも横からの光というのがなくなるので、効果は大きい感じか。
ツインよりは、リングの方が良いかも知れないなぁとも思ってみたりw
ただ、無影撮影したいわけじゃないところが悩みどころか。立体造形物の撮影だと、影も必要ですから。

さて、まあ、付くことは付きますが………
問題がないわけではありません。

77mmを58mmにしてわけですから、その分、周囲がけられるわけで。

dia20060826_8.JPG
焦点距離45mm

dia20060826_9.JPG
焦点距離60mm

dia20060826_10.JPG
焦点距離105mm

フルサイズ寸ってのもありますが、105mmでも、そこそこケラれます。まあ、無理矢理つけてますから、これは仕方ないですけどねw
posted by KOU at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ・カメラ

2006年08月02日

【カメラ】撮像素子清掃

デジカメは、フィルム代がかからないのがやっぱいいね。つうわけで、いろいろ試していたわけで。

diary060801.JPG
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル露出(F11,1/60)/ISO 200/WB:オート/ピクチャースタイル:風景

まあ、前にすでに載せてるタマ姉を5Dでも撮ってみたり。

・・・ん?
なんか、オーバーニーのところに黒いよごれが見えるような。

diary060801_1.JPG

フィギュア自体には、汚れがない。
ということは、レンズか撮像素子のいずれかにほこりが付いてる可能性が高い。
そのうえ、F11程度で見えると言うことは結構でかい。
まあ、一眼デジカメは、ほこりが入ってくるのは防ぎようがないわけで、こうなったら、自分で掃除するしかない。ソニーのα100みたいに、勝手にブルブル振動して掃除してくれないしねw

そんなわけで、レンズ外して、撮像素子の清掃を開始・・・と言っても、ブロアーで吹くだけですがw

もともと5Dは、ほこりが多いことで有名なので、まあ、この辺は想定ないということで。しばらく、こまめに清掃するしかないね。しかし、撮像素子でかいなぁw

さすがに、肉眼で見えるレベルのほこりは確認できなかったので、実際に綺麗になったかどうかは撮影してみるしか分からない。

diary060801_2.JPGdiary060801_3.JPG
EOS5D/EF24-105mm F4L IS USM/マニュアル露出(F11,1/40)/ISO 200/WB:オート/ピクチャースタイル:風景


綺麗になった気がする。まあ、そんなに神経質な方でもないのでw

さて、実際、フルサイズを扱うようになると、一番違いを感じるのがぼけ具合ですなぁ。

↓画像でかいので注意。(トリミングだけして、サイズ変更してない画像)
diary060801_5.JPG

kissDで撮影した日記の画像と比べると一目瞭然ですが・・・。
これ、目にピントあわせてあるんですが、すでに肩の方からぼけはじめてたり。この辺、魅力の一つだね。
posted by KOU at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ・カメラ

2006年07月30日

【カメラ】素人なりにライティングを考える巻

小物撮影は結構難しい感じ。
特に、光の当て方が。
たとえば、部屋の中で蛍光灯の下で撮ると、光量が足りないので、フラッシュ使うわけですが、立ちポーズが多いので、どうしても、縦位置写真が多くなるわけで。
さて、縦位置でフラッシュ焚くとどうなるかというと・・・

diary060730_2.JPG

まあ、どうみても「座りポーズ」なのは気にしないと言うことでO(≧▽≦)O
見ればわかりますが、カメラを縦に構えると、左側から強烈に光が入ってくるので、右側のお団子とかが完全に影になっちゃいます。これでは、このキャラの特徴が消えてしまいます。

家で撮影するなら、もう一個反対側にストロボ置いてシンクロさせたり、レフ板使うとかいろいろと回避方法もありますが、ここでは、手に持っているカメラ一つでなんとかなる方法を考えようということで。そういかに手を抜いて機械任せでなんとかなるようにするか・・・。
ついでに、追加予算もあまりかけない方法で。

で、まあ、いろいろと試したあげく、一個アイテムを追加しました。
ケンコーが販売しているハーバーストロボディフューザー(ジャンボ)。
これは、どういう代物かというと、ストロボにかぶせる袋です。ちなみに1020円。予算的にも問題なしw

かぶせるとこんな感じになります。

diary060730_5.JPG

詳しい方なら分かると思いますが、すでにバウンサーを噛ませたさらに上にかぶせてます。
で、これをこのままで撮影するとどうなるかというと。

diary060730_2_3.JPG

上の写真よりは、多少影が柔らかくなって、右側のお団子もそこそこ見えるようになりますが、バウンサーにディフューザーかぶせたら、当然のように自動調光ではどうにもなりませんw。光が足りないので暗すぎます。
まあ、ストロボの方いじってやるとか、AEロック使ってだましてやるとか手段はありますが、「素人」っぽくない。
あとは、やっぱり真横からの光はなんか人工的って感じがします。

それではということで、ストロボをちょっとひねってやること。45度上(実際には、横に向いているので、普通の角度で見ると、横に45度ひねった感じ)に傾けて。本来なら天井とかでバウンスさせるための機能ですが、そこにディフューザーをかぶせると、微妙に丸い光源が上に上がった感じにw

この状態で撮影すると・・・

diary060730_2_1.JPG

この辺、素人なのでよく分かってませんが、どうやらバウンスさせようとすると、勝手に光量をあげるように設計されているのか、それともレンズ情報が無視されるためにそうなるのか・・・どちらか分かりませんがとにかくイイ感じにw
影も柔らかい感じで、お団子も二つともはっきりと分かるし、光源位置も斜め上になってと、ただの思いつきにしてはなかなか良い結果になったようなw
ちなみに、ひねる角度を逆に(要は光源位置を斜め下に)すると・・・

diary060730_2_2.JPG

こういう感じも悪くはないかな。

せっかくの縦位置のテストなので、立ちポーズのものも撮ってみますか。

diary060730_3.JPGdiary060730_3_1.JPG

左が真横からで、右がひねった奴。

diary060730_4.JPGdiary060730_4_1.JPG

同様。顔の位置を中心に露光を決めてるので、こういううつむき加減のものだと、暗い!と判定されてしまうので、最後にFEロックを使って調整w。
下のピンクの板で露光決めてロックして撮影すると、

diary060730_4_2.JPG

まあ、この辺は好みの問題かな。もしかして、FEロックだと場所までは気にしなく良いのかもしれない。また今度試して見る感じで。

さて、現在のシステムと、以前のシステムがどれくらい違うか。

diary060730_1.JPG

左がKissD。
バッテリーグリップをつけることによって、縦位置撮影が圧倒的に楽になりましたが・・・
アフォみたいに重いです。





posted by KOU at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ・カメラ

2006年03月06日

【カメラ】デジカメ購入計画

コンデジはこの前買ったばかりなので、ここでいうデジカメとは一眼デジカメの方。

現在、EOS KISS Dを使用していて、まあ、実はこれが、一眼と言われてるカメラでは、初めて自分で購入して、初めてまともに使ったものでしてw
前に、親父が使ってたアサヒペンタックスの一眼を使ったこともあったんですが、もともとかなり使い古されてて、軒並みいろんな機能が動かず、ほとんど天体写真撮影用で使った記憶しかw

で、KISS Dを一年以上使ってきて、いろいろと不満な点も出てきたので、買い換えてみようかと、一ヶ月ほど前から検討中。
実は、一ヶ月前には、EOS 20Dにしようかなと思ってたのですが、ちょうどその頃、20Dの後継機が出そうだと言う話が出て、待ち状態に。
で、いざ、30Dの情報が出てみると、なんか急に5Dが気になりだしてw

実際問題、価格差は相当あるんですけどね。

30Dなら、今のEF-Sレンズが使えるので、ボディのみ15万弱。
5Dだと、レンズ資産がまったくないので、レンズ込みで、40万〜50万。

中途半端な価格帯(※1)のを買うくらいなら、高いの行っちゃえな性格なのと、実際店頭で触ってみて、ほぼ5D購入に決めて、いざ買いに行こうかなと思ってたんですよ。
APS-Cの利点もないわけではないですが。200mm望遠レンズで、300mm望遠になるわけですし。

ところが、ここにきて、5Dの販売価格が大きく動いてきまして。この週末だけで、アマゾンが2万円値下げして、税込み29万台に。価格.comの情報とかも見ると、軒並み30万になってるし。ヨドバシ.comも、37万8千円の21%ポイントで、さらに在庫希少とか・・・。

なんか、新製品情報が出る直前のような値動き&在庫の動きw
まあ、5D発売されてから、まだ半年で、キヤノンのこれまでのペースを考えると、だいたい1年半で新製品が出るパターンが多かったので、この時期に新製品が出ることも考えにくいんですけどね。
ただ、海外のサイトでは、5月に5Dの廉価版が出るとか書き込まれてたり、国内でも5Dのキャッシュバックキャンペーンが近々あるといううわさになってたりと、なにかと新製品の影がちらつくことも確か。

そんなわけで、結局しばらく様子見することにw
安いっていう買い物でもないしねぇ。
まあ、待ってる間に貯金も貯まっていくし、そうこうしてるうちに1Dが狙えるかもね・・・無理ですがw

というか、レンズ資産がないんだから、他のメーカーという選択肢もあるはずなんですが。どうも他のメーカーいまいち元気がないよね。やっぱ各社がしのぎを削って競争してこそ、ユーザー的にもいいものがでてくるんだけど
。ただ、悩みも増えるわけですがw

まあ、桜の花は、KISS Dで撮ることにします。

(※1):そもそも5Dが中途半端な値段です。最高機種だと1Dが80万とかですしね。
posted by KOU at 16:05| Comment(0) | TrackBack(3) | ・カメラ